野遊びアルバム3

野遊びって「 野に出て、草を摘んだり会食をしたりして遊ぶこと」の意味合いが一般的ですが、ここでは「自然観察」がテーマです。 yahooブログより2019年6月に引っ越してきました。 自然の生き物たちの観察をし、季節の移ろいを感じるがままにピンポケ写真におさめ健康管理ボケ防止のため、拙いブロクを続けていければと思っております。 ブログ開設者:tsuka

写真をクリックすると別ウィンドウで大きく表示できます。

クサギ(臭木)
シソ科 クサギ属

枝や葉に強い臭気があり、和名の由来となっている。冬芽は紅紫色をし
枝の先端に頂芽を一つつける。側芽は下側に1~2個の副芽がある。
葉痕は隆起し楕円形で、いくつかの維管束痕がU字型にならび馬蹄の
ようでもあり、入れ歯に見えなくもない。
R0015878

R0015879

R0015880

R0015881

R0015882

R0015683

R0015685

R0015682

R0016165

R0016166

ホソミイトトンボ(細身糸蜻蛉)
イトトンボ科 ホソミイトトンボ属 

冬のさなか雑木の林縁で越冬中のホソミイトトンボを見つけた。周りの
枯れ草や木の枝にまぎれ、わずかに動く小さなトンボは目で追うのだが見失い、
捉えづらい見事な保護色をしている。多くのトンボの中で成虫で冬を越す種は、
本種とオツネントンボ、ホソミオツネントンボの3種のみ。春に美しい青色になる。

PC300040

PC300036

PC300033

PC300037

PC300034

参考:以下2枚は4/上旬
P2040844

P2040929

マガン(真雁)
カモ科 マガン属

時々行くダム湖で珍しいマガンが一羽やって来て、数日居付いていて
トモエガモと共に大人気! 通常は大きな群れで行動する種の
ようですが、仲間とはぐれてしまったのか?堰堤下の枯れ草の中の僅かに
生えている青い草をついばんで、満足すると湖面に移動し休んでいる。

P2010096

P2010087

P2010083

P2010075

P2010074

P2010062

P2010056

P2010051

P2010049

このページのトップヘ