野遊びアルバム3

野遊びって「 野に出て、草を摘んだり会食をしたりして遊ぶこと」の意味合いが一般的ですが、ここでは「自然観察」がテーマです。 yahooブログより2019年6月に引っ越してきました。 自然の生き物たちの観察をし、季節の移ろいを感じるがままにピンポケ写真におさめ健康管理ボケ防止のため、拙いブロクを続けていければと思っております。 ブログ開設者:tsuka

カテゴリ: 早春に咲く

アマナ(甘菜)
ユリ科 アマナ属

ツンツンとアマナの芽が沢山出てきたと思ったらいつの間にか
開花した。曇りで花は半開きだが花被片の紫色たて模様が美しいが
植物体がナヨナヨしてヒロハノアマナと比べると元気がない
和名から甘菜は以前食用にされてきたようだが、現在は貴重種です。

P2030268

P2030251

P2030262

P2030267

P2040098

P2040104

P4060014


ヒトリシズカ(一人静)
センリョウ科 チャラン属

一人静というより大勢にぎやかに地上に現れ、ブラシのような白い
花らしからぬ花が葉の上に突き出している。源義経が好んだ 静御前
(しずかごぜん)が一人で舞っている姿に 見立てた名だそうで
春の林でみつけときは、何人かで賑やかに舞って?いた。

P2030656

P2030657

P2030659

P2030661

P2030662

R0012707

キクザキイチゲ(菊咲一華)
キンポウゲ科 イチリンソウ属

春早く咲き、周りの樹々が繁るころ地上部は姿を消す
典型的な春植物(スプリング・エフェメラル)キクザキイチゲが頼りげなく
咲き始めた。よく似ているアズマイチゲとは葉がキクに似て切れ込むがあり
区別できる。花は晴れないと閉じてお坊さんのような感じです。

P2020016

P2020020

P2020023

P2020026

P2020029

P2020032

P2020035

P2020370

P2020371

ヒロハノアマナ(広葉の甘菜)
ユリ科 アマナ属

ヒロハノアマナが盛りで春の陽を浴びにぎやかに咲き競っていて見事。
少し遅れて咲くアマナより葉が広く中央に白線が入るのが特徴。早春に
開花、樹々に葉が茂る頃は地上から消えてしまうスプリングエフェメラル
(春植物)で、環境省の絶滅危惧Ⅱ類に指定されている貴重種です。

P2010514

P2010516

P2010519

P2010533

P2010534

P2010539

P2010546

P2010547

P2010537

フクジュソウ(福寿草)
キンポウゲ科 フクジュソウ属

お寺の庭でフクジュソウが咲いていた。植栽されたもで自生地より
早いように思えるが平地に植えられているものは2/上頃には咲くようだ
気温や陽光には敏感で、昼間でも陽がさえぎられると数分で花はしぼみ
陽がでるといつの間にかひらく、いつも陽がある方向を向いている。

P2160317

P2160318

P2160316

P2020549

P2020554

P2020559

R0012253

R0012254


このページのトップヘ