野遊びアルバム3

野遊びって「 野に出て、草を摘んだり会食をしたりして遊ぶこと」の意味合いが一般的ですが、ここでは「自然観察」がテーマです。 yahooブログより2019年6月に引っ越してきました。 自然の生き物たちの観察をし、季節の移ろいを感じるがままにピンポケ写真におさめ健康管理ボケ防止のため、拙いブロクを続けていければと思っております。 ブログ開設者:tsuka

カテゴリ: チョウ

イチモンジセセリ(一文字挵)
セセリチョウ科 イチモンジセセリ属

胴が太くて目が大きいセセリチョウの仲間はよく似ていて翅を閉じて
いないと種の同定をすることが難しい。チョウというより蛾のような
雰囲気だが、目がとても大きく愛らしい。イチモンジセセリはこの時期
個体数が多くなる。集団で移動するそうで、その群れが来たのだろうか
P8251172

P8251167

P8251178

P8251180

P8251182

R0014494

P8251184

P9070011

P9070012

こちらは白斑にずれがあるのでオオチャバネセセリかな?
P9150298

モンキチョウ(紋黄蝶)
シロチョウ科

静止しているときは翅を閉じていてつまらないが、モンキチョウの
美しさは飛び立つと際立つ。表翅の模様が上下に揺れ草原を飛び回る
姿は、とこにでもいるつまらないこのチョウの格を数段上げねばならない
白のがメスで、この2頭は求愛のダンスをしているのでしょうか

P8261244

P8261236

P8271285

P8271287

P8301399

P8301401

P8301406

ミドリヒョウモン(緑豹紋)
タテハチョウ科 ミドリヒョウモン属

ニラの花が咲くといろいろな昆虫がやってくる。チョウではセセリの
仲間やヒメアカタテハなどだが、まれにヒョウモンチョウも訪れる。
今日は夏眠からさめたミドリヒョウモンが来てくれた。この仲間は
翅の表側は一様に黄色地に黒状と黒斑で区別が難しいが裏面の模様が異なる
IMG_2324

IMG_2340

IMG_2327

IMG_2329

IMG_2333

IMG_2336

IMG_2339

IMG_2343

アサギマダラ(浅葱斑)
タテハチョウ科 アサギマダラ属

高山での出会いであるが、低山やまれに平地でも見かけることがある。
マーキング調査が定着し、半透明な部分にデータを記入放蝶し、移動先で
捕獲することをくり返し移動距離や日数を計測。秋の南下で1500kも移動した
記録も得られているという。タカの渡りを観ていると気流にのり翅を広げ一気に
上昇する場面を何度か確認しているが、優雅で見事なものだ。

P8220855

P8220873

P8220856

P8220937

P8220866

P8220871

P8220894

P8220899

クジャクチョウ(孔雀蝶)
タテハチョウ科 クジャクチョウ属

高原のお花畑で沢山のクジャクチョウに出会った。飛んでいるときは
黒っぽいが、開翅している姿はクジャクが尾羽根を開いた感じの眼状紋
は類をみない艶やかな美しさ、ヨツバヒヨドリの花が好みのようで
盛んに吸蜜していた。こんな魅力的な蝶は他にいないのでは・・・

P8220880

P8220819

P8220821

P8220879

P8220884

P8220911

P8220887

P8221040

このページのトップヘ