野遊びアルバム3

野遊びって「 野に出て、草を摘んだり会食をしたりして遊ぶこと」の意味合いが一般的ですが、ここでは「自然観察」がテーマです。 yahooブログより2019年6月に引っ越してきました。 自然の生き物たちの観察をし、季節の移ろいを感じるがままにピンポケ写真におさめ健康管理ボケ防止のため、拙いブロクを続けていければと思っております。 ブログ開設者:tsuka

カテゴリ: 気になる樹を

ニワトコ(接骨木)
スイカズラ科 ニワトコ属

他の樹にさきがけニワトコの冬芽が大きくなってきた。その下の
葉痕が比較的ととのった顔の形にみえ、冬芽の下をのぞき込み器量よしさん
を探す。大きい冬芽の中は花芽と葉芽が一つになっているため
ニワトコ(接骨木)は骨折治療の湿布剤として用いたのに由来するそうだ。

R0015962

R0015963

R0015966

R0015971

R0015972
 
R0016149

R0016150

P2010172

P2010174

センダン(栴檀)
センダン科 センダン属

すっかり葉を落としたセンダンの樹に淡黄色の果実がたくさん実った
完熟するとヒヨドリやムクドリが食べに訪れ、種子散布するのか林縁に
独特の葉をつけた幼樹をたまに見かける。果実は有毒で犬や家畜が食べると
中毒を起こすことがあるそうですが、あまり良い匂いがしませんよ

PC270021

PC270022

PC270023

PC270025

R0016038

R0016039

R0016041

R0016040

コウヤボウキ(高野箒)
キク科 コウヤボウキ属 
花が終わったコウヤボウキの綿毛が花が咲いたかのように個々枝先にを
賑やかに飾っている。中はタンポポのような冠毛をつけた種子がたくさん
詰まっている。通常は白っぽいのだが中に美しいピンク色をした株が
混じっていた。高野山でほうきにしたという本種は、花後も楽しめますね

P1180234

P1180236

P1180240

P1180242

P1180245

P1180246

P1180252

P1180253

P1180254

ヌルデ(白膠木)
ウルシ科 ウルシ属

ヌルデの冬芽は独特で柔らかい綿のようなもの中に隠れて見えない
その周りを葉痕(葉の落ちたあと)がU字型に取り囲んでいて
その形が動物の顔に見えるものもあり面白い。樹はウルシの仲間で
羽状複葉の葉に翼があり、ウルシと区別できる。

R0016014

R0016013

R0016012

R0016009

R0016008

R0016005

R0016003

R0016000
 

マンサク(満作)
マンサク科マンサク属

春早く他の樹に先駆け早く咲くので「まず咲く」からマンサクと
落葉小高木で自生地ではないが、近くの林内に一本だけ生えていて
冬目が大きくなってきた。花芽は鈴がたくさんぶら下がっている感じで
葉芽は一つのみツンと天をついている。まもなくだろう開花が楽しみだ。

R0016079
 
R0016080

R0016082

R0016083

R0016084

R0016087

R0016081

R0016085

R0016088

このページのトップヘ