野遊びアルバム3

野遊びって「 野に出て、草を摘んだり会食をしたりして遊ぶこと」の意味合いが一般的ですが、ここでは「自然観察」がテーマです。 yahooブログより2019年6月に引っ越してきました。 自然の生き物たちの観察をし、季節の移ろいを感じるがままにピンポケ写真におさめ健康管理ボケ防止のため、拙いブロクを続けていければと思っております。 ブログ開設者:tsuka

カテゴリ: 今時の虫たちです。

オオスズメバチ(大雀蜂)
スズメバチ科 スズメバチ属

12月も数日過ぎ寒さがましたが、ヒノキの根元にオオスズメバチが盛んに
に出入りしている。近寄りがたいので遠くから撮影。時期的に活動は終わり
冬を越せるのは巣で生まれた新しい女王蜂だけで、もともといた女王蜂
働き蜂、オス蜂は冬を越すことは出来ず、死んでいくのですが・・・

PB280125

PB280122

PB280123

PB280126

PB280127

PB290009

PB290022

PB290045

トノサマバッタ(殿様飛蝗)
バッタ科 トノサマバッタ属

例年のことだがトノサマバッタがダム湖の斜面で大発生した。
餌となるイネ科植物がたくさんあり、食べ放題なのだろう遊歩道にも
飛び出してきてチョウゲンボウのごちそうになり、野鳥カメラマン
の熱い視線をあびている。年2化で秋に産む卵は越冬し翌春に孵化する。
PA160319

PA160312

PA190288

PA190289

PA190290

PA190333

PA160306-001

PA160316

スズバチ(鈴蜂)
スズメバチ科 ドロバチ亜科

ドロバチの仲間で、成虫の餌は花の蜜、花粉。巣作り~狩り~産卵まで、
全てを1匹でこなすトックリバチ。毒針は幼虫の餌となるイモムシを
麻痺させるためで、スズメバチのような強力なものではない。壺状の巣を
作り、麻痺させた幼虫の餌となるイモムシを運び込み産卵する

P9230386


P9230389

P9230390

P9230393

P9230395

P9230400

P9230403

ヨツモンカメノコハムシ(四紋亀の子)
ハムシ科 ヨツモンカメノコハムシ属

観察会でフェンスにからんだヒルガオの葉が激しく食べられ、犯人探しとなる。
よく目にする亀の甲羅を背負ったハムシ。調べるとヨツモンカメノコハムシ
がヒット。背の脇の透明な部分とちっちゃな目がかわいい。しかしこれさつまいも
の害虫だそうで、農家の方々からは嫌われ者ですね
写真を2度クリックし大きくして見てください。

PA120095-001

R0014874

R0014872

R0014858

R0014859

R0014865

エンマコオロギ(閻魔興梠)
コオロギ科 エンマコオロギ属

ツヅレサセコオロギの音が少なくなり、入れ替わるようにエンマコオロギが
いっせいに鳴きだした。鈴を転がしたような美しい音色でうっとりさせられるが
きつい顔をしている。名のように眉の模様が地獄のエンマさまの怒る顔を連想
させるから。野生では見かけなくなった鈴虫に代わり良き音を響かせている。

R0014791

R0014792

R0014794

R0014795

R0014796

R0014797

R0014798

R0014799

このページのトップヘ