野遊びアルバム3

野遊びって「 野に出て、草を摘んだり会食をしたりして遊ぶこと」の意味合いが一般的ですが、ここでは「自然観察」がテーマです。 yahooブログより2019年6月に引っ越してきました。 自然の生き物たちの観察をし、季節の移ろいを感じるがままにピンポケ写真におさめ健康管理ボケ防止のため、拙いブロクを続けていければと思っております。 ブログ開設者:tsuka

カテゴリ: キノコなど

スッポンタケ(鼈茸)
スッポンタケ科 スッポンタケ属

雑木の林縁で変なきのこに出会った。その名をスッポンタケという
一見して誰でもが「あれ」にそっくり・・・と。美しいキヌガサタケもレース
を取れば同じ形で同属なんですね。柄の先端のクレバは不快な匂いをだし、
虫に胞子を運ばせる仕組み。食可だそうだが、食べる気にはなりません
P2080979

P2080980

丸いのが幼菌
PB020301

PB020305

PB020306

虫が来ています。
PB020308

PB020311

キツネノタイマツ(狐の松明)
スッポンタケ科 スッポンタケ属

チップが敷きつめられて小さな川の散歩道に怪しげなきのこが
立っているのは数本で倒れかかっていて、地中の卵から出てくる
先の暗色部がクレバ(胞子ができる)がついた膜質袋状の傘で
悪臭を放ち昆虫を呼びよせ、胞子を拡散させるそうだ。

PA180161

PA180164



PA180157

PA180155

PA180156

PA180159

PA180165


PA180158

キヌガサタケ(衣笠茸)
スッポンタケ科 スッポンタケ属

散歩コースのよく手入れされた雑木林の中にゴミのような白いものが
近づくとびっくりキヌガサタケでした。純白で繊細なレースで出来た
ドレスをまといツンと一株、朝にでて昼には縮んでしまうそうでこの株も
暗色のクレバが欠落し終焉に向かっている。スカートを捲ると鼻をつく
悪臭が強烈。美しさと裏腹だ。

R0014553-001

R0014554

R0014551

R0014550

R0014549

R0014555

R0014556

R0014557

R0014559

シロウツボホコリ
ウツボホコリ科 ウツボホコリ属

アカマツの倒木で見つけた3種目の粘菌。子実体は灰白色~淡黄色で
円柱形の胞子嚢(ほうしのう)、柄は灰色。高さ4ミリ弱。調べたら
シロウツボホコリと思われる。本来小さくてかわいいはずだが、
うまく写真がとれず気の毒です。

R0013857

R0013768

R0013629

R0013858

R0013855

R0013854

R0013853

シロジクモジホコリ
モジホコリ科 モジホコリ属

アカマツの倒木を丹念にルーペで探し、粘菌の子実体らしきを見つけた!
上の丸いところは
胞子嚢(ほうしのう)で柄は白、全体でも高さ3ミリ
図鑑などで調べたら「シロジクモジホコリ」と思われる。
小さな被写体だが、もう少しきれいに撮ってあげれば・・・むずい
写真をクリック↓

R0013693-001

R0013692

R0013742

R0013743

R0013804

R0013805

R0013806

このページのトップヘ