野遊びアルバム3

野遊びって「 野に出て、草を摘んだり会食をしたりして遊ぶこと」の意味合いが一般的ですが、ここでは「自然観察」がテーマです。 yahooブログより2019年6月に引っ越してきました。 自然の生き物たちの観察をし、季節の移ろいを感じるがままにピンポケ写真におさめ健康管理ボケ防止のため、拙いブロクを続けていければと思っております。 ブログ開設者:tsuka

カテゴリ: シダぁ

オオハナワラビ
ハナヤスリ科 ハナワラビ属

林内で容姿端麗なシダ植物のオオハナワラビが数株まとまって生えていた。
夏に枯れる冬緑性で、秋に一つの葉柄から栄養葉とツンと伸びた胞子葉が
別れて伸びる。よく似たフユノハナワラビは明るい場所に生え、本種は
葉の先がとがり茎や葉柄、葉軸に毛があることで区別できる。

PA180121

PA180122

PA180125

PA180128

PA180130

PA180132

カニクサ(蟹草)
フサシダ科 カニクサ属

まるでシダらしくないだが、つる植物のシダで胞子葉の葉の裂片に
胞子を作る。陽当りの良い場所を好みツルを伸ばしている。
長く伸びるツルは一枚の葉そうでえっと思うが茎は地下にあるそうだ
この長いツルで子供がカニを釣って遊んだことからカニクサだそうだ。

P8070449

P8070450

P8070451

P8070452

P8070453

P8070454

P8070455

クモノスシダ(蜘蛛の巣羊歯)
チャセンシダ科 チャセンシダ属

トンボ出現の確認にでかけたついでにクモノスシダの様子をみてきた。
溶岩と思われる壁面にへばりつくように、数株が着生し健在
葉の先端が細長く伸び、先端が着地するとそこから子株をだしてふえる
それを蜘蛛の巣に例えた名で、地味な姿で興味を示す方はそういない
R0013408

R0013410

R0013411

R0013414

R0013415

R0013416

R0013413

ゼンマイ(薇)
ゼンマイ科 ゼンマイ属

ワラビと並び山菜として昔から親しまれてきたゼンマイ、摘んで
食べるほどは生えないが谷戸や雑木の斜面などで見かける。
渦巻状に巻いて顔を出し、ワタで包まれた若い芽が山菜となり、
青い葉が広がり始めてからでは遅い。

P2030340

P2030338

P2030327

P2030558

P2030324

P2030322

P2030320

P4210236

スギナ(杉菜)
トクサ科 トクサ属

ツクシがツンツンと出始め、春が進んだかんじです。
植物なのに緑色がなく、頭の部分は花でもなさっそう、
何者?「ツクシ誰の子、スギナの子」シダの仲間のスギナで、その
胞子茎なんですね。頭を叩いてやると煙のような胞子がでます。

P2020075

P2020076

P2020079

P2020081

P2020086

P2020088

P2020090

P2030220

P2030218


このページのトップヘ