野遊びアルバム3

野遊びって「 野に出て、草を摘んだり会食をしたりして遊ぶこと」の意味合いが一般的ですが、ここでは「自然観察」がテーマです。 yahooブログより2019年6月に引っ越してきました。 自然の生き物たちの観察をし、季節の移ろいを感じるがままにピンポケ写真におさめ健康管理ボケ防止のため、拙いブロクを続けていければと思っております。 ブログ開設者:tsuka

カテゴリ: 冬芽葉痕など

クサギ(臭木)
シソ科 クサギ属

枝や葉に強い臭気があり、和名の由来となっている。冬芽は紅紫色をし
枝の先端に頂芽を一つつける。側芽は下側に1~2個の副芽がある。
葉痕は隆起し楕円形で、いくつかの維管束痕がU字型にならび馬蹄の
ようでもあり、入れ歯に見えなくもない。
R0015878

R0015879

R0015880

R0015881

R0015882

R0015683

R0015685

R0015682

R0016165

R0016166

ニワトコ(接骨木)
スイカズラ科 ニワトコ属

他の樹にさきがけニワトコの冬芽が大きくなってきた。その下の
葉痕が比較的ととのった顔の形にみえ、冬芽の下をのぞき込み器量よしさん
を探す。大きい冬芽の中は花芽と葉芽が一つになっているため
ニワトコ(接骨木)は骨折治療の湿布剤として用いたのに由来するそうだ。

R0015962

R0015963

R0015966

R0015971

R0015972
 
R0016149

R0016150

P2010172

P2010174

ヌルデ(白膠木)
ウルシ科 ウルシ属

ヌルデの冬芽は独特で柔らかい綿のようなもの中に隠れて見えない
その周りを葉痕(葉の落ちたあと)がU字型に取り囲んでいて
その形が動物の顔に見えるものもあり面白い。樹はウルシの仲間で
羽状複葉の葉に翼があり、ウルシと区別できる。

R0016014

R0016013

R0016012

R0016009

R0016008

R0016005

R0016003

R0016000
 

マンサク(満作)
マンサク科マンサク属

春早く他の樹に先駆け早く咲くので「まず咲く」からマンサクと
落葉小高木で自生地ではないが、近くの林内に一本だけ生えていて
冬目が大きくなってきた。花芽は鈴がたくさんぶら下がっている感じで
葉芽は一つのみツンと天をついている。まもなくだろう開花が楽しみだ。

R0016079
 
R0016080

R0016082

R0016083

R0016084

R0016087

R0016081

R0016085

R0016088

ゴンズイ(権萃
ミツバウツギ科 ゴンズイ属

ゴンズイの華やかな時期は花期よりも、赤い果実の時期が花が咲いたように
目立つ。今は落葉し寒々しい姿だが、本年枝にできる冬芽葉痕を見る
維管束痕は8個くらいだが羽状複葉の割には、あまり目立たなく
面白みにかけるが冬芽は大きめ、頂芽を裏面から見ると動物の耳に見える。

R0015599

R0015707


R0015604

R0015598

R0015709


R0015601

R0015602

R0015603

R0015997

R0015998

このページのトップヘ