野遊びアルバム3

野遊びって「 野に出て、草を摘んだり会食をしたりして遊ぶこと」の意味合いが一般的ですが、ここでは「自然観察」がテーマです。 yahooブログより2019年6月に引っ越してきました。 自然の生き物たちの観察をし、季節の移ろいを感じるがままにピンポケ写真におさめ健康管理ボケ防止のため、拙いブロクを続けていければと思っております。 ブログ開設者:tsuka

カテゴリ: 野の花たち

ホタルブクロ(蛍袋)
キキョウ科 ホタルブクロ属

当地で自生するホタルブクロは金網で立ち入りができない車両基地の
法面など限られた場所のみだが、今季初めて林縁で小群落を見つけた。
道向こうの森が伐採され、日当たりが良くなったためのようだ。
濃いめの色で特徴のある花が密集し風に揺れていた。
P6088239

P6088243

P6088245

P6088248

P6088254

P6088255

P6088241

ノアザミ(野薊)
キク科 アザミ属

野草が少ない時期、アザミの花が咲いているとホッとする。
ノハラアザミなのかノアザミか?どちらか迷うがそれはすぐ分かる。
今ころ咲くのはノアザミで総苞が粘液を出しネバネバしているので
触ると分かる。緑一色のくさ原で紅紫の花はとても目立つ。
P5267247

P5267250

P5267266

P5267253

P5267255

P5267261

イチヤクソウ(一薬草)
ツツジ科 イチヤクソウ属

近くの林でイチヤクソウを見つけて3年目、花期は短くうっかりすると
終わってしまうので気にかけていたがタイミングよく開花に間に合う
常緑の多年草で葉は残る。全草を乾かして脚気などの薬とし、汁を血止め
用いるなど薬草として優れているので「一薬草」だが、野草として人気です。
P5257132

P5257135

R0011154

R0011155

P5257140

P5257125

チガヤ(白茅)
イネ科 チガヤ属

ダム湖の斜面を白銀色にいろどるチガヤの群落が見事でこの時期の風物詩
若い穂は茅花(つばな)と呼び、サトウキビの近縁で糖分を蓄え、噛むと甘く
子供が好んでかんでいたそうだ。また畑などに侵入すると駆除が難しく
厄介な植物だが、ときおり風になびく様は見事だ。
T1010608

T1010613

T1010612

T1010593

T1010603

T1010602

T1010600

T1010595

カラマツ(唐松)
マツ科 カラマツ属

ダム湖に植栽されたカラマツが芽吹き端正な新緑の葉がめにしみる。
日本固有種の針葉樹で落葉する。「カラマツ萌ゆる」この時期とても美しい!
秋には黄葉しモミジの赤とは異なった趣があり、美しい樹形と共に人気
人工林でスギ、ヒノキについで多く植栽されているそうだ。
P5126038

P5126040

P5126042

P5126043

T1010606

T1010623

T1010618

このページのトップヘ