野遊びアルバム3

野遊びって「 野に出て、草を摘んだり会食をしたりして遊ぶこと」の意味合いが一般的ですが、ここでは「自然観察」がテーマです。 yahooブログより2019年6月に引っ越してきました。 自然の生き物たちの観察をし、季節の移ろいを感じるがままにピンポケ写真におさめ健康管理ボケ防止のため、拙いブロクを続けていければと思っております。 ブログ開設者:tsuka

カテゴリ: 今時の虫たちです。

オオカマキリ(大鎌切)
カマキリ目 カマキリ科

秋も深まり昆虫の仲間も少なくなった。陽の当たるベンチで休んでいたら
カマキリが近くにいた。一見ハラビロカマキリと思ったが前翅の中ほどに
白い紋が見当たらないのでオオカマキリしたが・・・幼虫から肉食で、
かなり獰猛なイメージだが餌も少なくなり、そろそろ見納めかも
PB210645

PB210647

PB210650

PB210651

PB210654

PB210656

R0017387

オオスズメバチ(大雀蜂)
スズメバチ科 スズメバチ属

クヌギの根元にオオスズメバチが樹液を吸いに多く集まっていた。
スズメバチの仲間では一番攻撃性が強いそうで、刺激しないように
おっかなびっくり距離を置き撮影した。近くに巣があるのでしょうか、
いずれ冬は越せないそうで、新嬢王蜂以外はすべて死んでしまうそうですが・・・

T1017479

T1017483

T1017481

T1017486

T1017489

T1017496

T1017497

T1017501

ツチイナゴ(土稲子)
イナゴ科 ツチイナゴ属

何度か見たことがあるバッタだが、名前が出てこない。検索してみたら
ツチイナゴと判明、バッタでは珍しく成虫で越冬するそうで、
冬に出会っていればそれとすぐ分かるはず。幼虫見たことがある。
鮮やかな黄緑色で、違う種に思えるが冬は枯れ草色の保護色に変わる。

T1016780

T1016778

T1016776

T1016782

T1016783

T1016775

T1016774

ヒメエグリバ(姫抉翅)幼虫
ヤガ科

はではでイモムシが道路を尺取あるき、その後別の場所でも見つけたので
派手さでは目立つけど、それなりに目にする機会が多いと思われる。
名前はヒメエグリバで、一見毒持ちのようにも見えるが無害のようで
(成虫は果実を吸汁する)可愛いとは言い難いが、きれいだ。 
R0010653

R0010654

R0010655

R0010656

R0010657

T1016451

R0017028

ノコギリクワガタ(鋸鍬形)
クワガタムシ科 ノコギリクワガタ属

クヌギの樹液にやってくる虫たちは数種のスズメバチやカナブンの仲間
などが多く。立派な大顎をもつノコギリクワガタの姿も、蟻がくると
上手に挟み投げ飛ばしていた。上から同じ仲間のオス、少し向きを変えた
だけで去っていった。よく見たら下に雌がいて、ペアーでした。
P9037923

P9037925

P9037964

P9038081

P9038084

P9038100

P9038111

P9038113

P9038119

P9038125

P9038138

このページのトップヘ